【自己肯定感を高めるメリット】自分の周りにも良い影響があるって本当?

自己肯定感 タイトルメンタルコントロール

【自己肯定感を高めるメリット】

 

この記事には、〝自己肯定感を高めるメリット〟について書かれています。
  • 自分に自信がない
  • 何をしてもうまくいかない
  • 新しく何かを始めるのが怖い
  • ネガティブな考え方をしてしまう

こんなお悩みに答えます。

 

本記事を参考にすると、〝自己肯定感の高め方〟がわかります。

 

【この記事の信頼性】当サイト『もくブロ』の運営者は、この方法で〝自己肯定感〟を高めることに成功し、現在は舞台での活動に挑戦しています。昨年「東京芸術劇場」にてキャストとしての出演も果たしています。

 

皆さんは〝自己肯定感〟ってご存知ですか?

 

すでに知っている方もいらっしゃると思いますが、自分は〝自己肯定感〟を高めることにより様々なメリットがありましたので、今回はそんな〝自己肯定感〟の高め方について体験談も交えお話していきます。

 

とても簡単で、誰でもその場ですぐに実践することが出来るので、オススメです。

 

自己肯定感の高め方

 

結論から言います。

自己肯定感を高める方法は、自分が一番の味方になること。

 

詳しく説明していきます。

 

 

自分を責めない

 

まずは、物事がうまく運ばなかった時に、

「今日は上手くいかなかったな」「やっぱり自分はダメなんだ」ではなくて、「ドンマイ自分、次だよ次」と言ってあげられるくらいになりましょう。

自分は自分の味方であり続けることが大切です。

 

自分の味方でいれない人が、他人の味方になるなんてのは難しい話です。なのでまずは自分の味方になってあげるところから始めましょう。

 

自分を責め続けることにあまり意味はありません。責め続けた結果残るのは、〝心のダメージ〟だけです。最終的に「これだけ自分を責めたからもういいだろう」と満足して終わるか、そうはならなずとも、その先に〝失敗を活かす〟という概念はなく、根本的な改善にはなりません。

 

結果の良し悪しに関わらず自分を認めることに抵抗がある人は、その気持ちをバンバン捨てて行きましょう。

 

自己肯定感には3種類ある

 

この3種類には段階があります。難易度が高いものから順に説明していきます。

 

結果承認  

物事に対しての結果で判断するという意味。

 

《例》

  • テストや試験に合格した自分を認める

 

こちらは〝結果〟として答えがでるので自分自身を承認することもわかりやすく、比較的簡単だと思います。

 

そして2つ目がこちら。

行動承認  

結果に問わず、行動したかどうかで判断する。

 

《例》

  • 良い結果でなくても、挑戦した自分を認める

 

こちらは、テストや試験に落ちてしまっても、「チャレンジしたことが偉いよね」「自分頑張った」と行動をした自分自信を承認する方法です。

 

 

そして最後3つ目がこちら。

存在承認

何もしていなくても、存在してることを評価すること。

 

《例》

  •  「そもそも生きてるだけで偉いよね」と思うこと

 

こちらは、今このブログを見てくれている全員の方に共通することですが、「もう生きてるだけで偉いよ」と存在していることを承認する方法です。

 

自己肯定感を高めるメリット 

 

自分に自信がつくことです。

 

自己肯定感を高めることによる最大のメリットは自信に溢れ、新しいことに挑戦しようという意欲が湧いてくることです。

 

言い換えれば、生きる活力が増します。

 

中でもオススメなのは、先ほど3つ目に紹介した存在承認です】。

 

僕の場合は、「こんな世知辛い世の中で生きてて偉いよね、ほんとすごいと思うよ」とお花に水をあげる感覚で毎日自分に言い聞かせていました(笑)

 

そのおかげもあり、自然と身体の力が抜けて、謎の自信に満ち溢れてきます。何か起きる度に自分を責めてしまっていた頃に比べれば〝謎の自信〟であってもその自信はやがて形を変えて挑戦する原動力に変わります。

 

まとめ

 

  • 自己肯定感の高め方
  • 自己肯定感には3種類ある
  • 結果承認
  • 行動承認
  • 存在承認
  • 自己肯定感を高めるメリット
もし自分が後1日しか生きられないとしたら、皆さんは自分を責め続けて〝その1日〟を過ごしますか?それとも自信に満ち溢れた笑顔で〝1日〟を終えますか?

 

人生は毎日の連続です。どちらの自分で過ごすかは、自分自身で決めることが出来ます。

 

自分の場合は、自信に溢れ笑顔で過ごすことを選択したおかげで、【芸能活動】という道に挑戦する勇気が湧きました。そのおかげもあり、現在は充実した日々を過ごせています。

 

自分に余裕が生まれることにより、周りにも気遣いや〝思いやり〟をもって接することが出来ます。

その相手もまた、受け取った〝思いやり〟を「次の人へ」と、バトンがどんどん繋がっていくようになります。

 

自己肯定感を高めて損はありません。お金もかからず、誰でもすぐに始めることも出来るので、ぜひ試してみてください。

タイトルとURLをコピーしました