【休むことをサボるな?】セルフで心のメンテナンスをするメリット

セルフメンテナンス タイトルメンタルコントロール

【セルフで心のメンテナンスをするメリット】

 

この記事には、〝セフルで心のメンテナンスをするメリット〟について書かれています。

 

  • 毎日疲れが取れない
  • 多忙で休む暇がない
  • 心に余裕がなくなってきている
  • 一日一日を楽めていない

こんなお悩みに答えます。

 

本記事を参考にすると、心に余裕ができ〝毎日を充実させる方法〟がわかります。

 

【記事の信頼性】当サイト『もくブロ』の運営者は、心のメンテナンスをすることで、毎日充実した日々を過ごすことに成功しています。

 

皆さんは忙しない毎日の中で、休みを意識的にとっていますか?

 

以前は自分も「休みなんていらない」という感じでバリバリ活動していましたが、〝休み〟を意識的に作るようにしてから沢山のメリットがありました。

 

今回は、〝心のメンテナンス〟をすることで、どんなメリットがあったのかをお話していきます。

 

最後に自分の経験からの〝学び〟についても触れているので、ぜひ最後までご覧になってください。

 

記事全体およそ3分ほどで読み終わります

 

心のメンテナンスの重要性

赤ちゃん

身体のメンテナンスの重要性については他の記事でも沢山書かれていますが、〝心〟も同じです。

 

整体に行ったり、ストレッチをしたり、サウナに入るなど様々な身体のメンテナンスの方法があります。心も同じように、身体と密接に繋がっているためメンテナンスをする必要があります。

 

心のメンテナンスを行うメリット

 

結論から言います。

自分の一番ベストな状態で、目の前のことに取り組める。

 

連動するメリットとして、自分の成長に繋がることです。

 

「自分の力を出し切れなかった」等の反省の時間が減り、常にレベルアップするためのフィードバックをする事ができる

 

心のメンテナンスを怠るデメリット

 

心のメンテナンスをサボると自分の身の回りにある〝小さな幸せ〟が見えなくなります。

あえて少し大袈裟な言葉を選びますが、〝感動〟を味わう瞬間が人生で減っていき、味のない毎日を送ってしまう可能性が上がってしまいます。

 

心が揺れ動かなくなってしまうと筋肉と同じで使わない間にどんどん鈍ってしまいます。

 

自分のことで精一杯 

 

心のメンテナンスをサボり続けると、いずれ自分の中で余裕がなくなり、周りが見えなくなってしまいます。

そしていつも見えていたはずの景色すらも見えなくなります。

 

この状態になると、(何かハッとするような失敗をする)か(自分の中で事件がおきる)ような事がない限り、自分が〝そうなっている〟という事に気がつくのが難しくなります。

 

与えない者には、与えられない 

 

自分のことしか見えなくなると、周りに〝与える〟という事も当然出来なくなります。

give & takeという言葉がありますが、文字の如くgive〟のない者に〝take〟はありません。

 

「giveとtakeの関係性」においては、100giveあって1 takeあれば良いくらいの気持ちでいるのがオススメです。【見返りを求める自分から解放されます】

 

実体験から学んだこと

 

もちろん個人差はありますが、僕の場合は、

【休みがない】

自分に余裕がなくなる

周りが見えなくなる

→giveができない

→takeもなくなる

になってしまった時期がありました。

 

この経験から悪循環に陥ってしまうと、なかなか自分で気がつく事が難しいため、自分にとって良い循環をつくれるように日々の生活からしっかりと見直す事が大切だと思いました。

〝休むこと〟=〝サボる〟ではない

 

〝休む〟とは毎日頑張る自分にとって必要不可欠な事であり、〝休むこと〟=〝サボる〟ではありません。

 

働いた後は休む。このプロセスが重要です。もちろん人によってタイミングは違い、「今は頑張らなければいけない時」や「そもそも毎日能動的に活動していたい人」もいます。

 

そのバランスを上手く保ち、調節することが大切です。

 

自分に余裕がある状態でいるためにも、〝休むことをサボらない〟を頭の片隅に置いてみてください。

まとめ  

 

  • 心のメンテナンスの重要性
  • 心のメンテナンスを行うメリット
  • 心のメンテナンスを怠るデメリット
  • 実体験からの学んだこと
  • 〝休む〟=〝サボる〟ではない

 

大切なことなのでもう一度繰り返しますが、一番重要なのは〝休むこと〟と〝サボること〟は【=(イコール)】ではないということです。

 

むしろ、

  1. 休むことはサボることだ
  2. 休んではいけないんだ

というマインドの方が、休むことをサボっていることになります。

 

今一度、自分の心と身体と向き合い、ライフスタイルに合った休み方を取り入れてみてください。

 

最後に  

 

今回は【心のメンテナンス】についてお話しました。

 

自分は、休みを適度に作るようにしたことで、自分にとってベストのパフォーマンスで目の前の仕事に取り掛かる事ができるようになりました。

 

みなさんも〝休むことをサボらずに〟自分にとって充実した毎日を過ごせるよう意識してみてはいかがでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました