【必読】トラウマを克服するために、自分で出来る治療法はあるの?

トラウマメンタルコントロール

【トラウマを自分の力で克服する】

 

この記事には、〝過去のトラウマを、克服するためにやるべきこと〟について書かれています。

 

  • 過去のトラウマが消えない
  • 思い出して嫌な気持ちになる
  • 昔の記憶が邪魔して新しい挑戦ができない

こんなお悩みに答えます。

 

本記事を参考にすると、〝昔のトラウマ〟を克服するオススメの方法がわかります。

 

【記事の信頼性】当サイト『もくブロ』の運営者は、この方法でトラウマのあった〝虫〟に対しての苦手意識を払拭し、カブトムシを飼うレベルまでいきました。
皆さんは過去に何か〝トラウマ〟はありますか?
時に今の自分の足枷になってしまうこともありますよね。
しかしある方法を試すだけで、その暗い記憶を〝楽しい思い出〟に変えることが出来ます。
今回はそんなトラウマを解消し、新しい自分に出会うための方法を紹介します。

 

トラウマを克服する方法 

明るい未来

 

結論から言います。

嫌な記憶を、楽しい記憶に上書きする。

どういうことかというと、トラウマのある昔の嫌な記憶を楽しい記憶に〝置き換える〟ということ。

 

嫌な記憶をそのままにしておくと、正直インパクトの強いものは脳裏に刻まれてしまっていて忘れたくても忘れられませんよね。

 

そういう場合におすすめの方法が、

この記憶の上書きです。

※もちろん度合いよってはなかなか簡単にいかないものもあります。

 

楽しい思い出や自分にとって心地の良かったものに、変換してあげることが大切です。

 

そうすれば、何かふとした瞬間に

【自分が思い出してしまう過去のトラウマ】→【楽しい記憶】

に置き換えることができ、前向きなものへと変換することができます。

 

では、実際にどうすれば良いのか自分の体験談を元に詳しく話していきます。

 

きっかけは些細なことで大丈夫

 

虫がトラウマだった過去

小さい頃、夏休みに家の前で花火をしていた時にどこからかメチャメチャでかい「カミキリムシ」が飛んできて、左胸にくっついてしまった事があり、動けずに大泣きした事がありました。

それ以来虫が苦手になってしまった当サイト【もくブロ】の運営者ですが、

ある事がきっかけで自分の虫嫌いを克服することができました。

 

どれくらい克服できたかというと、全ての虫という虫が触れなくなり、〝見るのも嫌〟という状態から夏になると弟と2人で『カブトムシ』を取りに行くレベルくらいまで成長できました

 

自分の中では驚くべき成長であり、まだまだ完全でなくても、「虫取りに行く」という行為は、以前の自分では考えられない事だったので嬉しかったのを覚えています。

 

自分の克服エピソード

 

僕の場合は虫の図鑑を読んだことでした。

 

そこに書いてあったのは、

  • 虫も人間と同じ生き物で一生懸命に生きている
  • 中には短い命のものもいる
  • 姿形を変え環境に適応しながら必死に生きている
  • 生まれてすぐに天敵に食べられてしまうものもいる

という内容でした。

 

虫も人間と同じで必死で命の炎を燃やしている。

 

今までは虫に対して【怖い】としか思えなかったのですが、だんだん理解できるようになり僕の『虫』へのイメージが変わっていきました。

 

ホントに些細なきっかけですが、僕の中に刻まれていた虫へのイメージが変わった瞬間でもありました。

 

なにがきっかけになるかは人それぞれ違ってくるので、これ!というのはありません。

ですがみなさんも『苦手』なものに対して少しでも意識を変えることができれば今よりもっと理解を深めることができ、違う視点で見ることができるようになります。

 

捉え方で変化する

例えば‥

  • (ピーマン苦手だったけど、このほろ苦い味がピーマンの良さなんだ!)
  • (朝起きるの苦手だったけど、早く起きてゆっくりする時間も良い!)
  • (他人のよくない所を指摘するのではなく、出来ること・得意な部分をみつけて褒める!)

例え小さな変化でもそれは自分の小さな幸せに繋がっています。

 

徐々に増やしていくことでトラウマも同じように克服していくことができると思います。

 

まとめ

 

  • トラウマを克服する方法
  • きっかけは些細なことでいい
  • 当サイト【もくブロ】の運営者がトラウマの〝虫嫌い〟を克服した方法

 

自分はトラウマに対しての記憶を、上書きすることで克服することができました。

 

一番大切なのは、

自分の中でトラウマに対するイメージを変換すること

 

いかに〝嫌な記憶〟を〝楽しい記憶〟(良いイメージ)へと変えることが出来るかが、ポイントになると思います

 

すぐには難しいかもしれませんが、時間をかけてゆっくり行うこともオススメです。
少しでも皆さまのトラウマが薄れ、明日への活力となることを願っております。
タイトルとURLをコピーしました