【失敗しない方法とは?】成功と失敗の分かれ道はここだった!

失敗しないメンタルコントロール

【失敗と成功の分かれ道はどこ?】

 

この記事には、〝失敗しない方法〟について書かれています。

 

  • 何かを始めるにしても失敗したくない
  • 落ち込むのが怖い
  • 失敗しない方法を知りたい
  • 良い結果を出したい

こんなお悩みに答えます。

 

本記事を参考にすると、〝失敗と成功の分かれ道〟がわかります。

 

【記事の信頼性】当サイト『もくブロ』の運営者は、失敗する確率を限りなく「0」に近づけることで様々なことに挑戦するマインドを身につけました。このブログも『その一つ』です。

 

皆さんは、今までに失敗をした経験はありますか?

 

自分は今までに数えきれぬほどの〝失敗〟を経験しました。

 

今回は自分と同じ何度も壁にぶつかった経験のある方にむけて、『失敗を成功に変える方法』を紹介したいと思います。

 

最後に自分が経験したことから学んだ考察も書いているので、ぜひ最後までご覧になってください!

 

失敗しない方法

 

結論から言います。

失敗を失敗で終わらせたら、失敗になる。

 

何かに挑戦し、目の前のことに対しての結果で成功か失敗かを決めてしまう。すると、本来そこから得られるはずのものを見失ってしまう

 

ここで最も重要なのは、

『そこまでの過程で学んだこと』を今後も活かすこと。

 

もちろん結果も大切です。

しかし、結果はあくまで結果です。

 

そこで起きた一時的なものに過ぎない

 

 

もっと言えば、

過程を起こさせるためのきっかけ。

 

例えば、

段生活していて漢字の勉強を〝必要以上に〟やろう!ってあまりなりませんよね?(漢字が好きな人はべつです)

しかし、

漢字検定を受けるぞ!ってなったらどうなりますか?

 

合格するために勉強しますよね?

 

要するに「合格したい!」という結果のために、「漢字を勉強する」という過程が生まれるわけです。

 

失敗を成功に変えた出来事

 

先ほど少し例にだしたのですが、

僕は高校生の時に漢字検定準二級を受けたことがあります。

 

理由としては、

  • 漢検準二級は高校卒業レベルだった
  • 在学中に合格すれば、少し安心できる

 

漢検の勉強に取り組み始めたのはいいものの、当時はゲームやスマホの誘惑に負け「本気で取り組んだか」と聞かれたら「はい!」と首を縦に振れる自信はありませんでした。

 

そんなこんなで、結果はもちろん不合格。あたりまえですねw

 

しかし帰ってきた結果をみてふと感じました。

 

「あれ、落ちたけど意外と合ってるところも多いぞ。これはもう一回ちゃんと勉強して挑めばいけんじゃね?」

 

そして、ゲームとスマホの誘惑に負けず挑んだニ回目の漢字検定準二級。

 

見事合格することができました。

 

失敗と成功の分かれ道(体験談)

 

一回目の不合格の時に正直もう受けるつもりはなかったのですが、謎の自信が出てきたことによりもう一度リベンジすることにしました。

 

リベンジすることが決まり、改めて勉強し直すと、以前とは違い自分の苦手とする分野(僕は対義語のジャンルが苦手でした)が明確になり、どこに時間をかけるべきかがわかりました。

 

また一度目に不合格とはいえ、しっかりと身になっている部分もあり、それが自信にも変わったのです。

 

一回目で諦めず、二回目を挑戦したことにより、自分にとって質の高い取り組み方を実施することができ、〝一回目があったからこそ気がつけた事〟が沢山ありました。

 

そこから僕は漢字の知識だけでなく、効率の良い勉強法も学ぶことができました。

 

まとめ  

 

  • 失敗しない方法
  • 失敗を成功に変えた出来事
  • 失敗と成功の分かれ道(体験談)

 

【自分がこの経験から学んだこと】

失敗を失敗で終わりにしなければ、それは失敗にはならないということです。

 

「失敗は成功のもと」という言葉は、単なる慰めの言葉ではなく、失敗から学んだものを次の挑戦に活かすこと。

 

そこで結果が出なければ再度そのプロセスを繰り返すこと。自分が失敗で終わらせた時こそが本当の失敗になる。

 

最後に 

 

いかがでしたでしょうか?

 

やはり、自分が一生懸命取り組んだ時間というのは無駄にしたくないですよね!!

 

今回自分は、リベンジという形をとりましたが、そこで培ったものを別の事に活かすということも大切な要素の一部になると感じました。
皆さんも失敗を失敗で終わらせずに、次に活かしてみてください。
タイトルとURLをコピーしました