一人暮らしを始める方必見!部屋選びに必須な3つのポイント解説!

3つのポイント解説!一人暮らし

初めての一人暮らしだから、どうやって部屋を選べばいいかわからない・・・部屋選びのポイントって何?

 

こんなお悩みをこの記事で一発解決しますよ!

 

この記事を書いている僕は、都内で一人暮らしを始めて3年目を迎えており、実際に一人暮らし生活を始めて気がついたことをまとめています!

 

見るべき条件を知ることで、初めて一人暮らしをする方が、後悔のない部屋選びをすることが可能になります!

 

しっかりと下調べをして、快適な一人暮らしを送っちゃいましょう!

 一人暮らしを始める際に意識すべき3つのポイント

白い壁のお部屋

一人暮らしを始める際の部屋選びは、今後の生活に関わる重要なミッションです。

 

そこで、都内に一人暮らしして3年目の僕が、部屋選びの際に意識しておいたほうがいいポイントを3つご紹介します。

 

意識してほしい3つのポイント

1.日当たりの良さ
2.隣人の雰囲気(アパート・マンション)
3.アクセスの良さ

 

上記を意識することで、今後の一人暮らし生活がより快適になるかどうかの分かれ目となります。

 

それでは僕の実体験も含めて、それぞれ紹介し解説していきます。

 

一人暮らしにオススメの部屋の広さについては、次の記事も参考にしてみてください。

 

一人暮らしの部屋の広さはどれくらいがいいの?ニーズごとにご紹介!

 

ポイント1  日当たりの良さ 

〝日当たり〟は家の中で快適に過ごすために絶対に優先しなければなりません。体内時計のリズムを正常にし、健康的に過ごすために必要なものは太陽の光です。

 

日当たりが重要な理由

僕の場合、引っ越す際にとりあえず南向きならOKかなと軽い気持ちで決めてしまったのですが、住んでみてわかったのは〝周りの建物によって自分の住んでいる家に入る日差しはかなり制限されてしまう〟ということです。

 

そして、日当たりが最も重要な理由は「カビ」です。

日当たりが悪いと、家の中がかなりジメジメしてしまいカーテンや絨毯にカビが発生しやすくなります。

 

毎日使う布団やマットレスにも、お日様を当てる天日干しが出来ないので、カビだけではなく〝ダニ〟に対しても繁殖しやすい環境を与えてしまいます。

 

日当たりの良さの判断基準

日当たりの良い判断基準は、『日中の活動しやすい時間に日が当たるかどうか』です。

 

いくら日中に日が当たるといっても、例えば朝の Am7時〜Am8時の間しか日が当たらないとなると、なかなかその時間にカーテンを開けて、完全に起床しているというのは難しいです。

 

なので、実際に一人暮らしを始めて3年目を迎える僕の〝日当たりが良い〟とする判断基準は、『Am10時〜Pm16時の間で最低2時間以上、日が当たること』です。

これがボーダーラインかなと思います。

 

 

 ポイント2  隣人の雰囲気(アパート、マンション)

自分の住んでいる部屋の隣には〝どんな人が住んでいるのか〟というのを予め知っておくことで、トラブルを未然に防ぐことが出来ます。

深く知る必要はないのですが、簡単に知っておくべきだと思います。

 

アパートやマンションでは隣人は重要

アパートやマンションに住む場合、部屋だけではなく〝隣人がどういった方なのか〟がとても重要です。

 

もし自分にとってストレスになってしまうような環境であれば、内見した部屋がいくら良かったとしても、その部屋は諦めるべきです。

 

24時間家から出ないという方であれば関係ないと思うかもしれませんが、おそらく普通に生活していたらそうはいかないと思います。

 

とはいえ、引っ越す前から〝隣人のことを調べろ〟ということではありません。

 

オススメは、内見の際に隣人の共有スペースの使い方をチェックすることです。

 

僕の隣人体験

それは僕が一人暮らしを始めるために、人生で初めての内見に行った日でした。

 

かれこれ1か月くらい調べようやく自分の好みの部屋が見つかり、そこに住む気満々で部屋の内見に向かいました。

 

実際に行ってみると、調べた通り自分好みの部屋でルンルンだったのですが、隣人がアパートの共有スペース部分(家の前の廊下や階段)に洗濯物を干していたり、いらない雑誌やゲームなどが並べられていました。

 

僕はその光景を見てかなり驚きましたが、それ以上に同行してくださった不動産屋の職員の方のほうが唖然としていました。

 

その後、僕は契約寸前だったその部屋を泣く泣くお断りしました。

 

ポイント3   アクセスの良さ

アクセスの良さは、通勤や通学に関わる〝毎日のこと〟になるので、とても重要視した方がいいです。

 

駅からの時間は要確認

オススメは、駅から徒歩10分以内です。

10分以内の距離が歩いていてストレスが溜まらずに日々生活することが可能です。

 

駅から家までの距離が遠い方が家賃は抑えられるかもしれませんが、毎日電車を使う一人暮らしを始めるのであれば、駅から徒歩10分以内が理想です。

 

駅から徒歩10分以上がオススメできない理由としては、雨の日にかなり濡れてしまうからです。たかが10分以上と思われるかもしれませんが、15分雨の中をウォーキングするだけでもかなり濡れます。(経験談)

 

移動に車を利用する方であれば、駅から家までの距離は意識する必要ありません。前述していますが、むしろ離れていた方が家賃も安く抑えることが出来るのでいいと思います。

 

自分の移動手段に合わせて、駅から家までの距離にかかる時間を確認するのがベストです。

 

3つのポイントを意識して快適な一人暮らしを始めよう

 

いかがでしたでしょうか?

 

意識してほしい3つのポイント

1.日当たりの良さ
2.隣人の雰囲気(アパート・マンション)
3.アクセスの良さ

上記3つのポイントをおさえるだけで、とても快適な一人暮らしをスタートさせることが出来るかと思います。

 

 

僕の場合は、実際に一人暮らしをしてみて気がついたことがたくさんありました。

 

これから一人暮らしを考えている方はぜひ参考にしてみてください。素敵な一人暮らしのお部屋が見つかりますように。

 

一人暮らしの部屋の広さはどれくらいがいいの?ニーズごとにご紹介!

タイトルとURLをコピーしました