【知るべき】いらない言葉は受け取らなくていい?【言葉の断捨離】

断捨離 コミュニケーション

【いらない言葉は受け取らない】

 

この記事には〝言葉の断捨離のやり方〟について書かれています。

 

  • 相手の心ない言葉で傷ついてしまう
  • 他人から〝何か言われる〟のが怖くて自分らしくいられない
  • いつも相手の機嫌を伺ってしまい疲れる

こんなお悩みに答えます。

 

本記事を参考にすると、〝他人からの言葉で傷つかない自分になる方法〟がわかります。

 

【記事の信頼性】当サイト『もくブロ』の運営者は、この方法で「ストレスを溜めない日々を送ること」に成功しています。

みなさんは部屋を掃除する時などに〝物の断捨離〟していますか?

 

実はこれ物だけではなくて、言葉も同じなんです。

今回は【言葉の断捨離】について話していきたいと思います。

 

最後に〝言葉の断捨離〟のメリットを自分の体験から考察しているので、ぜひ最後までご覧になってください。

 

いらない言葉は受け取らない

 

結論から言います。

自分にとって、いらない言葉は受け取らなくていいです。言葉の断捨離をしましょう
詳しく説明します。

まずは〝いらない言葉〟の定義

『自分にとって必要のない言葉』

ここの見極めがポイントです。

 

具体的にはこういった言葉達です。

  1. 自分に対しての批判や悪口
  2. 心ない言葉
  3. 夢や目標の否定

 

その他にも色々あるかもしれませんが、基本的には、その言葉で〝誰かを傷つける〟というのが必要のない言葉です。

 

つまり『刃を帯びた言葉』が必要のない言葉になります。こういったものは一切受け取る必要がありません!!!

 

例えるなら、この言葉を受け取るということは以下のようなことと同意義です。

もしあなたがこれから(LIVEやフェスで盛り上がりにいく)という時に、リュックに炊飯器や電子レンジなどいらない家電をパンパンにを詰めて出掛ける行為と同じくらい必要ありません。

 

全て受け取るのではなく、選択する

 

言葉は自分で選ぶことが出来ます。

 

他人から言われたマイナスな言葉ばかりを受け取り、「自分はダメなんだ」と思う必要はありません。

 

むしろ率先して、心ない言葉達は自分でシャットダウンしていくスキルをつけていった方がいいです。

 

捨てられた言葉の行方 

 

相手から投げかけられた言葉を受け取らないとどうなるのか。

 

頭で理解しておくだけで、その場面に自分が遭遇した時に上手く対処できると思うので、詳しく説明します。

 

 

言葉は宅急便と同じ 

 

例えば皆さんの家に宅急便で荷物が届いたとします。その荷物の受け取りを拒否したとしましょう。するとその荷物はどうなりますか?

 

持ち主の元に戻ります。 

 

言葉もこの宅急便の荷物と同じなのです。

 

言葉はブーメランでもある。

 

ブーメランは投げたらクルクル~っと周って投げた人の元に戻っていきますよね??

 

しつこいようですが、言葉も同じです。

 

自分の放った言葉というのは良くも悪くも必ず自分の元へ戻ってきます。なので不満や悪口を常日頃から口にしている人は、ちゃんと自分の元へ返ってきてしまいます。

 

とはいえ、日頃から想いやりのある言葉を使っていればきっと自分の元に、良い言葉や報告が入ってくるはずです。

 

どうせ使うなら〝誰かを傷つける言葉〟よりも〝誰かを笑わせたり、笑顔にする言葉〟のほうが自分も喜びに変わるはずです。

 

つまり相手も嬉しいし自分も嬉しいという事はWinWinに慣れるわけです。

 

まとめ

 

  • いらない言葉は受け取らない
  • すべて受け取るのではなく、選択する
  • 捨てられた言葉の行方
  • 言葉は宅急便と同じ
  • 言葉はブーメランでもある

 

自分の放った言葉は良い悪い関係なく必ず自分に戻ってきます。

 

誰のタメにもならない、人を傷つける言葉は必要のないものです。

 

大切なのは、

自分は相手を傷つける言葉は使わないと心掛けること。そして相手から発せられた〝刃のある言葉〟は〝受け取らない〟ということを意識して質の高い毎日を過ごしましょう。

 

実践することで、きっと皆さんの周りも素敵な方や言葉で溢れるとおもいます。

 

おわりに  

 

いかがでしたでしょうか?

 

今回は【言葉の断捨離とは?】について話しましたが、僕自身心ない言葉に苦しんだ事があります。

 

しかし、〝言葉の断捨離〟をしたことにより、【周りに振り回される機会が少なくなる】というメリットがありました。

 

これらの事から学んだ教訓は、

一つひとつを受け止めるのではなく、いらない言葉(人を傷つける言葉)は聞き流し、自分にとって必要な言葉(想いやりのある言葉)を受け取ること。
そうすればきっと毎日を生き生きと過ごすことができると思います。
ぜひ実践してみてください!

 

タイトルとURLをコピーしました